企業法務としての外国人雇用~入管法に対する知識

従前、日本の会社様では、外国人雇用に関し積極的ではなかったためか、法務部、総務部、人事部等の部署においては、入管法に対する意識はそこまで高くなかったと言えます。

しかし、コンプライアンスが重視される時代において、入管法に対する意識を持たないで外国人雇用を行ってしまうと、いつ不法就労助長罪に問われるか分からない時代と言えます。

現在、就労できない外国人を雇用をしたことにより、会社関係者が不法就労助長罪で処罰される事例が出てきています。

このような事態にならないためにも、「外国人雇用を行う際には、まずは行政書士に相談をする」ということが重要と言えます。